検索
  • Keiko

生まれそうです

あ、赤ちゃんとかではないです。

自分の中の大切なものにつながって、

世の中に何かを生み出したいと願ってきました。

そろそろ、何かがでてきそうな予感。

どうなんだろう、生まれるのかなw。生まれないのかなw。


いろんな事を学びつつ、いろんな人とつながって、

私の世界もぐるぐると変容しながら広がっているのを感じているこの頃。

最近、会う人から「なんか、変わったね」と言ってもらう事が増えました。


この2年くらいは、私自身がずっと抱えてきた「愛されたい」という

渇望感のようなものを、まるで茶碗を眺めるように

手に取りいろんな角度から、あるいは遠くから近くから見ています。

渇望。カラカラに渇いてて、この水甕を満たしたいと心底望んでいる

けど渇きすぎて涙も出ない、そんな表現がまさにピッタリなほど、

少しヒリヒリした感覚もあったのです。

そのヒリヒりした感じは、たどっていくと子供のころからの両親との関係性や、

これまで経験してきた職場での人間関係、最初の結婚をしたときの関係など、

そのすべてが影響を与えているなぁという気づきもあります。



こんな風に振り返ったり俯瞰したりしているのは、過去に原因を探して

自己分析するためというより、今(2度目)の結婚で

自分がどんなパートナーシップを望んでいるのか?

これからの私たちはどうなりたいのか? に焦点を当てて、

私だけじゃなくて、夫にも向き合ってほしいからなのですが。

これが、なかなかに難しいのです。


ちなみに夫は初婚で、私と娘二人を引き受けてくれた懐の深い、

できた人ですし(笑)、めったに怒りをあらわにすることがありません。

家族をとても大切にしてくれて、尊重してくれさえします。

浮気もしません(たぶん (笑)、いやきっと)

そして、私は夫をとても尊敬していますし、結婚して15年、

いまだに大切な人として自分の内側に愛が溢れて来るのを感じています。


何も問題ないですよね。そう、無いんです。

無いんだけど、私の中には渇望がまだあるんです。

愛されていると感じられていない何か(部分?パート?)が。

それで、2年くらい前から夫との『対話』を私なりに試みてきました。


ある日、仕事帰りの居酒屋さんで

「私はこう感じてる。こうなりたい。」

「あなたはどう感じているの?何を考えているの?」と聞きました。

『さあ、対話を始めましょう』という私からのサインでした。

自分としては、ありのままの自分を出している。

恥ずかしい気もするし、「突然何だよ?!」って思われるかもしれないけど、

正直な自分の気持ちをテーブルの上に並べて、「これが私です」と見せたのです。


果たして夫の反応は堅い表情で「何も考えてません。」の一言でした。

まるでカメが甲羅に隠れるように、硬い殻の中に入ってしまって、

「入って来ないでー!ここには何も無いから!」って言ってるみたい。

触れる事すらできないんですよね。


チーン。。。。


めちゃめちゃへこみました。

大切な関係だからこそ、自分の本当の気持ちを話して関係にひびが入ったら・・

って思うと怖いですよね。そこを、怖いけど勇気を出して伝えたのに。

本当に大切な事なのに。


恋してる時はお互い何の努力も必要なくて、ひたすらに

「あなたはどういう人なんだろう?」「あなたはどんな事が好きなの?」

みたいに好奇心を向け続ける事ができるのに、

結婚するとお互いケアしたいと思わなくなっちゃうの、なんででしょう。



その後も何度も何度も、

「これは本当に大切な事なんだ」って伝えては撃沈を繰り返しているけど、

いまだにちゃんと対話らしいことはできていません。


それでも少しづつ、私の気持ちは伝わっていっているように思います。

それは、夫の態度や雰囲気からわかるもので、言葉として何かもらったとか、

対話が実現してモヤモヤとした雲が晴れた!という感じではないのですが、

わからないながらに夫が私に歩み寄ってくれているのを感じているのです。

夫いわく、私が「あなたはどうなの??」と聞く時、私に責められている

ように感じるのだそうな。うーん、、、そんなことないんだけどなあ。


そういえば、お皿洗ってる夫に抱きついて「お久しぶり~」っていったら、

「そうですか、ごめんなさい」(夫はデフォルトが敬語)って言われて

「???????」って頭から?が100個くらい出たな。


夫の背中があったかくて、ぬくもりを感じてほわーんとほぐれていく感覚が

自分にとっては久しぶり(実際は1週間ぶりくらい?w)だったので

つい出た言葉だったんだけど、夫いわく、

「自分がかまってあげてないと責められた気がした」という。 ^^;; 

どんだけ怖いねん、アタシのこと。

対話、家族だけでするのは難しいですね。でもね、対話を家族で、

あるいはパートナーと実践してほしいという願いが日に日に大きくなっています。

私にとって対話は、自分から関係性を創るっていう事であり、

自分を肯定しつつ相手も大切にするって事なんです。


特に問題が起きていないんだから、別に話す事ないよ。じゃなくて、

今お互いがどんな喜びや痛み、不安を感じているのか、

この関係性に今何が必要なんだろうね、を知る事で

大きな波がやってきても離れ離れにならずに

手をつないでいられる関係性が作れると信じています。


例えばそれが、対立している誰かや何かだったとしても、組織でも、

対話を通じて互いの思いや願い、苦しみ、痛みを知る事で、

分かり合える「部分」が見えて来る事がある。

対話にはそういう力があるのです。 

近いうちに、Clubhouseでこんな話してみたいなーと思っています。

ご興味のある方はフォローお願いします♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

@procoach_keikom



△▼△パートナーシップのコーチングをしています△▼△

・これから結婚するカップル

・新しい家族を迎えるパートナーシップ

・何かを変えたいと感じているパートナーシップ

などの2人で受けるコーチングセッションを実施しています。

お問い合わせはこちらへ

keikomaedacoach@gmail.com


△▼△パーソナルコーチング受付中△▼△

ビジネスにかかわらず、人生全般についてのコーチングをしています。

・今のままの自分でいいのかな?

・夢に向かって進みたい!

・起業した、するのでこれからのことを考えたい

などなど。コーチと共に考えてみませんか?

お問い合わせはこちらへ

keikomaedacoach@gmail.com




62回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

©2019 by 前田 恵子. Proudly created with Wix.com